Now Loading...

SETOnagiの想い

SETOnagi(株式会社U-midasu)は、広島県三原市、尾道市、福山市の魚市場を中心に、新たな4つの指針を掲げ、目利きの選んだ全国の商品をご提案していきます。

You are what you eat!
健康は毎日の食べ物から

コロナ禍で時代が大きく動いても、人々に欠かせない日々の食材。プラネタリーバウンダリー(地球の限界)が近づく中、どの様に考え、どのように生きるのかが重要な時代になりました。私たちは、市場を「職を繋ぐ伝道者」と位置づけています。生産者や製造者がこだわる商品を、安全面や流通の在り方(地産地消等)を吟味しながら、市場の目利きに選んで頂き、「皆様を美味しさで笑顔に、そして健康に」出来る事業者を目指して参ります。

SETOnagiの拘り

コロナ禍だからこそ、手軽に頼めて安心できる食品を、「市場直でお届けしたい」という切なる願いからスタートしました。デジタル化が人々の生活を楽にし、生活の質が向上しているのは事実ですが、大切なのは”人と人との繋がり”です。健康寿命を全うするには、なにより「人間同志の繋がり」が大切。私たちは、そんなデジタル社会にあって、敢えて市場テイクアウトでの販売を決断しました。

SETOnagiの拠点となる地域のご紹介

  • 「福山」は、広島県東部にあり、瀬戸内海沿岸の中央に位置する港町「鞆の浦」が有名です。瀬戸内海で漁れる名産の鯛でダシを取り、身を入れた「鯛そうめん」や、鯛とご飯を一緒に炊き上げる「鯛飯」、また小魚「ねぶと」を使った料理や珍味、練り物など、鞆の浦ならではの味を楽しむことが出来ます。福山の魚市場から瀬戸内海の活魚や加工品まで、全国にお届けします。

  • 瀬戸内海は魚種がとても豊富で、年間を通じて旬の魚が獲れます。その瀬戸内海の中央に位置する「尾道」は、昔から流通の拠点として栄えており、しまなみ海道の玄関口となっています。そんな尾道で水産物の荷受け業「魚市場」を運営している株式会社ケンスイより、瀬戸内を代表する魚「天然真鯛」を始めとした鮮魚や加工品を全国にお届けします。

  • 「三原」は、広島県の南部に位置し「浮城」と呼ばれた三原城の城下町を中心としています。三原と言えば蛸が有名で、タコを使用した名産品も絶品です。また温暖な気候と潮流れが激しい瀬戸内海では、イワシのような小型の魚から鯛のような大型な魚まで四季を通してさまざまな種類が獲れます。三原を拠点とするマリンネクスト株式会社より、瀬戸内の豊かな恵みを全国にお届けします。