7月から旬を迎える魚 6選

7月が旬の魚一覧

キュウセン

アカアマダイ

マナガツオ

イシガレイ

マコガレイ

ヤマトシジミ

夏も本番!7月頃から夏にかけて旬を迎える魚をご紹介します。
また、おいしい食べ方も紹介するので、参考にしてみてください。

これから7月が旬の魚とおすすめの食べ方

キュウセン

日本各地に生息しており、存在はとてもポピュラーなのですが、夏目漱石の坊ちゃんでも、縞のある金魚と書いてあったように、見た目はとても派手です。
これが災いしてか、関東地方では釣りの対象魚としてのみならず、食用としての流通はほぼなく、西日本でも食べるエリアは非常に狭いです。
写真のように見た目は派手ですが、身自体は非常にきれいな白身で、これからの季節は特に脂が乗ります。

見た目が、青っぽい色のものと赤っぽい色のものがいますが、実は「雌性先熟」と呼ばれ、先にメス(赤色)として過ごし、成長するとオス(青色)に性転換します。
その見た目から、「青ベラ」、「赤ベラ」とも呼ばれています。

 

キュウセンのおすすめの食べ方

体表の強いぬめりと、これに臭みがあるので、皮をつけたまま料理する場合は、鱗をしっかり取り除く、皮目を塩でこするなどしてしっかりヌメリを取りましょう。
身の方も塩水や酢水で軽く洗うことで、余分な汚れや、匂いを取ることができます。

鮮度が良いものは、刺身でも美味しく頂けます。

 

アカアマダイ

日本で獲れるアマダイには、アカアマダイシロアマダイキアマダイと3種類いますが、この中ではアカアマダイが最もポピュラーで、和歌山県若狭湾で獲れる「若狭ぐじ」は、和の最高級食材の一つとして知られています。

全体に赤みを帯びて、頭でっかちに大きな目が特徴で、これから秋にかけて旬を迎えます。

北海道、沖縄を除く、全国で水揚げがありますが、山口県、長崎県、島根県での水揚げが多いようです。
名産であっても、福井県での水揚げはそれほどでもないようです。

アカアマダイのおすすめの食べ方

アマダイと言えば、若狭焼が有名です。鱗の細かい魚に用いる焼き方で、鱗をつけたまま焼くのが特徴です。
水分が多く、身崩れしやすいので、焼く場合には少し水分を抜くのがコツです。

刺身にする場合は、獲れてすぐのものは昆布で巻いて、少し水分を抜くと良いようです。内臓や血などをきれいに処理し、2~3日熟成させたものが良いとも言われています。

マナガツオ

マナガツオとは、漢字で書くと真似鰹と書きます。
読んで字のごとく、マガツオはカツオではありません。マナガツオはスズキの仲間、大してカツオがサバの仲間です。

瀬戸内海では鰹が獲れないので、カツオに似ているからそう呼ばれるようになったという説がありますが、見た目は銀色で平べったく、どちらかというとマンボウのような形をしていますので、本当の由来ははっきりしません。

6~8月には産卵のために内海、内湾に入ってくるため、漁師や釣り人にとって手の届きやすい範囲に生息するのは6月末から8月中旬で、今からということになります。
実際には、産卵を終えた冬の方が脂が乗りますが、この頃は漁獲がほとんどありませんので、今食べるしかないということになります。
しかしながら、鮮度の良いものは非常に高値で取引されるため、スーパーに並ぶことは滅多になく、見かけたらチャンスです。

マナガツオのおすすめの食べ方

新鮮で大型のマナガツオは刺身が一番とされています。

江戸時代前期の文芸作品、井原西鶴著『浮世草子・好色一代男』にも「刺身が食いたい」という記述があるほどです。醤油を弾くほどの脂が乗った身は絶品で、まるでトロのような味わいが特徴ですので、新鮮で大きなマナガツオが手に入れば、刺身がおすすめです。

身が柔らかく、癖のない魚ですので、加熱しても固くなりにくいので、煮ても、焼いても美味しく頂くことができます。

イシガレイ

イシガレイは、他のカレイにあるウロコがない代わりに、有眼側の体側に石のような固い骨質の板があることからそう呼ばれています。

産卵期は冬から春なので、これから産卵に向けて栄養を蓄える時期となりますが、残念ながら水揚げはそう多くありません。

水揚げが増えるのは、産卵を迎えた頃からになりますが、この時期は抱卵しているので、煮付けがメインとなり、夏は刺身が最も良いとされています。

イシガレイのおすすめの食べ方

夏場は身が最もおいしい季節とされていますが、残念ながら水揚げはほとんどありませんので残念ながら水揚げはほとんどありませんので、正直入手は困難です。

ただし、この時期のイシガレイの刺身は一年の中で最も美味しいといわれていますので、チャンスがあればぜひ!
ただし、何でもかんでも良いわけではないので、しっかり活締めしたものを選んでください。

マコガレイ

マコガレイは、カレイにそっくりですが、「両目の間に小さなウロコがあること」「背ビレと臀ビレに黒色の条紋がないこと」で区別できます。

マコガレイも、イシガレイと同じく冬から春に産卵を迎えますので、身が一番美味しいと言われるのは夏となります。

マコガレイのおすすめの食べ方

イシガレイと比べて、水揚げはそれなりにありますが、品質もピンキリです。
鮮度が良くないものを刺身にしてしまうとがっかりするので、必ず鮮度の良いものを選びましょう。また、小さなものは唐揚げにしても美味しくいただけます。

ヤマトシジミ

シジミと言っても、日本国内ではマシジミ、ヤマトシジミ、セタシジミなど3種類が生息しています。

セタシジミは、琵琶湖の固有種ですので、滅多にお目にかかれません。
一般的に流通しているのは、マシジミヤマトシジミになります。
マシジミは、淡水域に生息し、冬が旬と言われており、「寒シジミ」として有名ですが、近年流通量は少なくなってきています。
一方、ヤマトシジミは汽水域に生息しており、秋口に産卵を迎えるため、夏に向けて身入りが良くなります。

ヤマトシジミのおすすめの食べ方

最近は、砂抜きをしたものの流通が一般的ですが、念のため2,3時間砂抜きをした方がよいでしょう。
また、調理する前に殻同士を軽くこすり合わせて、よく洗い、汚れを落としておくことも大事です。この際に、死んだものや、口が開いでいるものがあれば、臭みの元となりますので、必ず取り除きましょう。

料理は味噌汁やお吸い物が一般的ですが、大振りなものが手に入れば、酒蒸し、バター焼き、醤油漬けなど様々な調理が可能です。
出汁だけ飲むのではなく、身もしっかり味わいましょう。