12月に旬を迎える魚介

12月に旬を迎える魚介一覧

アカガレイ

アンコウ

イトヨリダイ

ウルメイワシ

カナガシラ

カワハギ

キチジ

コノシロ

サヨリ

シシャモ

シログチ

スケトウダラ

スマ

トラフグ

ブリ

ホウボウ


ボラ

マサバ

マダラ

マトウダイ

ムシガレイ

ガザミ

ズワイガニ

タラバガニ

サクラエビ


クルマエビ

コウイカ

ソデイカ

マダコ

アカガイ

ウバガイ

エゾアワビ

エゾバイ

サルボウガイ

マガキ


ノリ

ナマコ

12月頃に旬を迎える魚をご紹介します。
また、おいしい食べ方も紹介するので、参考にしてみて下さい。

12月に迎える魚介とおすすめの食べ方

アカガレイ

口が大きいのでヒラメに間違えられそうな顔をしていますが、カレイです。表も裏も血がにじんだような色をしているため、このように呼ばれているようで、見た目はあまりよくありませんが、とても美味しい魚です。
2~3月には産卵期に向け、深場から浅場に集まってくるため漁獲量が増え、産卵前で身質が最も良い時期です。地域により差はありますが、アカガレイが獲れる地域では秋から底引き網漁が解禁されていますので、お目にかかる機会がグッと増えます。

アカガレイのおすすめの食べ方

子持ちの時期になれば煮付けが良いですが、この時期は身が充実していますので、鮮度が良いものが手に入ればお刺身がおすすめです。比較的大振りなサイズの入手が可能ですので、肉厚で甘味たっぷりのお刺身が召し上がれます。身は赤くにじんでいないので、ご安心を!

アンコウ

「西のトラフグ、東のアンコウ」と呼ばれるほど、冬の味覚の代表格のひとつです。夏場を除き、年中獲れているアンコウですが、肝が格段に大きくなるのは水温が低くなる12~2月で、鍋物需要と重なり、これからまさに旬を迎えます。
大きなものは、「吊るし切り」というさばき方が用いられることもあります。
なお、食用として流通しているアンコウは実は、キアンコウと言う種類が大半で、次いでクツアンコウと言う種類です。標準和名で言うアンコウは評価が低く、食用としての流通はほとんどありません。

アンコウのおすすめの食べ方

アンコウは、「無駄のない魚」と言われており、身はもちろん肝、皮、胃袋、卵巣、エラ、ヒレまで食べることができます。これらは「アンコウの七つ道具」と呼ばれ、それぞれに独特の食感や味わいがあります。これらを余すことなく楽しむなら寒い冬にぴったりのアンコウ鍋ですが、身がたんぱくなので、醤油、味噌などで少し濃いめの味付けが良いでしょう。身は唐揚げにしても美味しく頂けます。

イトヨリダイ

タイと名前がついていますが、どちらかというとスズキに近い部類で、いわゆるあやかりダイの仲間です。泳いでいる時にひらひらと動き、糸を縒っているように見えることから「イトヨリ」と呼ばれたことが名前の由来と言われています。臭みなどのクセがなく上品な味わいの白身が特徴で、皮目も美しいので高級魚として扱われているところもありますが、逆に派手な見た目から雑魚扱いされる地域もあるようです。ヨーロッパなど海外でも人気が高く、身に水分が多いのが特徴で、加熱しても柔らかく、フワフワの食感を楽しめます。初夏から夏に産卵を終え、この時期は脂がしっかり乗るので、見かけたら是非食べて頂きたい魚です。

イトヨリダイのおすすめの食べ方

身が柔らかく、水分を多く含んでおり、上品で繊細な味わいがあります。
見た目が華やかなので、皮目に脂が乗っていますので、霜皮造りにすると、見た目も良く、美味しく召し上がることが出来ます。
水分が多い魚なので、刺身にする場合は、昆布〆などにして、多少水分を抜いても良いでしょう。
加熱調理する場合は、調理前に適量の塩を振って、余分な水分を抜いておくと良いでしょう。

ウルメイワシ

日本で流通しているイワシは、マイワシ、カタクチイワシ、ウルメイワシの3種類です。ウルメイワシの特徴は、潤んでいるように見える大きな目玉で、漢字では「潤目鰯」と書き、名前の由来にもなっています。マイワシに似ていますが、体表に斑点がないことから、マイワシと見分けることができます。
イワシの仲間は周年漁獲されることから、季節感を感じにくいかもしれませんが、マイワシが夏に脂が乗るのに対し、ウルメイワシは秋から冬にかけて脂が乗りますので、まさに今が旬となります。
小型が多く、傷みやすいという欠点もありますが、味はマイワシより良いという評価もあり、特に脂の乗りが少ない夏場のウルメイワシを使用したイリコや干物などに加工した場合は評価がグンと上がります。良いものが生鮮で出回ることが非常に少ないのですが、見かけたらぜひ食べて頂きたい魚です。

ウルメイワシのおすすめの食べ方

イワシ類は傷みが早く、特にウルメイワシは小型が多いため、干物やイリコなどに大半が加工されてしまいますが、鮮度が良いものは刺身で美味しくいただけます。
焼き物や煮物、揚げ物、汁物にしたり、基本どんな料理にも合います。

カナガシラ

見た目がとても特徴的で、ホウボウと酷似しているため、間違って流通することもあるようですが、どちらもスーパー等で見かけることはまずありません。
頭部はかなり硬い骨でできており、「カナガシラ=金頭」の由来になっているそうです。
秋頃から寒くなるこの時期に脂が乗り、初春頃にかけて旬を迎えます。また、この時期は底引き網漁が解禁になる地域が多いため、水揚げも増えます。

カナガシラのおすすめの食べ方

お刺身も美味しいのですが、とてもスマートな魚で頭が大きいこともあり、刺身にすると食べるところがほとんどなくなってしまいます。
ただし、とてもいい出汁がでるので丸ごと煮付けにした方が余す事無く食べられます。また、他の旬の魚介と共にアクアパッツアやブイヤベースにしても美味しく頂けます。

カワハギ

一年中獲れる魚なので、ピンとこないかもしれませんが、秋から冬にかけては肝が栄養を蓄え大きくなります。この時期のカワハギの肝は濃厚でとろとろです。とはいえ、鮮度が良くないと肝も美味しくないので、注意が必要です。

カワハギのおすすめの食べ方

鮮度が抜群であることが前提なら、お刺身の肝和えがなんと言ってもおすすめです。やや不安がある場合は、煮物にすれば美味しく頂けます。身の方はたんぱくなので、揚げ物などで美味しく召し上がることができます。

キチジ

標準和名で呼ばれることは少なく“キンキ”とか“キンキン”と呼ばれていることの方が多いようです。
昔は捨てるほど獲れたと聞きますが、今では水揚げはほとんどなく、高級鮮魚店か百貨店、ちょっとお高めの料理屋くらいでしかお目にかかれません。特に釣り物は超高値で取引されているようです。周年水揚げがあり身質に大きな変化はないとされていますが、秋から冬に最も脂が乗るとされています。

キチジのおすすめの食べ方

煮付けや焼物も美味しいのですが、鮮度が良ければ何を置いてもお刺身です。皮は柔らかく、皮下に脂と旨味が詰まっているので、皮は引かずに湯霜造りか炙りがおすすめです。

コノシロ

コノシロというより、寿司ネタのコハダとしてよく知られている魚で、江戸前寿司の光物にはなくてはならない魚です。大きさで名前が変わり、5cm位の稚魚をシンコ、10cm位迄をコハダ、13cm位をナカズミ、それ以上をコノシロと呼びます。身が薄い、小骨が多い、焼くと変な臭いがすると、かなり嫌われたりもしますが、特にこの時期のコノシロは酢締めにするととても美味しく食べることが出来ます。また、走りのシンコは、時にkg10万円を超える超高級魚です。

コノシロのおすすめの食べ方

この時期のコノシロは何と言っても酢締めです。小骨が多いので、処理は大変ですが、脂乗りの良いこの時期ならではのコノシロを味わって下さい。

サヨリ

サヨリと言うと春先のイメージが強く、春告げ魚として掲げられることもありますが、水揚げは12月から増え始めます。この時期は、夏に生まれたものがちょうど大きくなり始める頃で、鉛筆位の大きさが中心です。

サヨリのおすすめの食べ方

まだ小さい時期ですので、刺身にするには少しきついかもしれませんが、大きくて鮮度が良いものが手に入ればお刺身がお薦めです。小さいなものは小骨もさほど気にならないので、唐揚げや天ぷらにした方が良いでしょう。特に小さなものは、内臓だけ取り除いて丸のまま揚げ物にします。

シシャモ

シシャモというと、スーパーで売られているものを思い浮かべるでしょうが、今回紹介するのは別物です。同じキュウリウオの仲間ですが、スーパーで売られているものの99.99%はカラフトシシャモという別物で、100%輸入で、国産のシシャモが少なくなった時に、代用品として売られたのが始まりと言われているようです。国産のシシャモの旬は11~12月で、北海道の太平洋沿岸に生息し、鮭と同様、秋に川を上って産卵するものを捕まえますので、メスは「子持ち」です。漁獲制限も厳しい上、北海道の一部でしか水揚げされないので、流通量はとても少なく、小さな魚ですが、とても高級なものになっています。

シシャモのおすすめの食べ方

お目にかかれる機会は、解禁中の産地か通信販売しかありません。しかも、鮮魚での流通はほぼなく、干物に加工されていますので、必然的に焼物になります。
焼ししゃもというと、七味やマヨネーズなどの調味料を使う方も多いとは思いますが、国産ししゃもはそのままの風味を楽しんだ方が良いでしょう。

シログチ

標準和名で呼ばれることは少ないようで、‟グチ”とか‟イシモチ”とか、地方名で呼ばれることの方が多い魚です。水揚げが多いのは産卵期の初夏から夏にかけてなので、夏のイメージが強いのですが、身質が良くなるのは11~12月頃です。比較的安い魚なので、流通時の取り扱いが雑になることがありますが、白身のとても美味しい魚です。

シログチのおすすめの食べ方

前述にしたように、比較的単価の低い魚なので、大部分がすり身の原料とされていますが、シログチを使った蒲鉾などはイトヨリと同じく高級な部類になります。
また、水分が多く身が柔らかいことから、鮮度落ちが早いため、なかなか鮮度の良いものの入手は難しいですが、鮮度が良いものはとても美味しい魚です。
水分が多いので、塩などで少し水分を抜く作業が必要ですが、お刺身、塩焼き、煮物など、調理を選ばず美味しく頂けます。

スケトウダラ(スケソウダラ)

マダラと同じく、これから産卵期に入るため水揚げが増えます。切身などで売られているものはマダラのほうが多く、スケトウダラは主に塩漬けや干物、竹輪や蒲鉾などの練り製品の原料として流通することが多いので、見かけることは少ないでしょうが、旨味は十分の魚です。
またスケトウダラの真子は「タラコ」、「辛子明太子」の原材料として非常に人気が高い食材ですので、真子だけで流通することもあります。

スケトウダラのおすすめの食べ方

非常にたんぱくで癖のない魚ですので、正直なんにでもあうと言わざるを得ません。ただ、やや旨味に欠けるのも事実ですので、油を使ったムニエルやフライなどが適当でしょう。どちらかと言うと低価格なお魚ですので、お財布の味方でもあります。新鮮な状態で入手できても、アニサキスなどの寄生虫がいる場合がありますので、生食は避けた方が良いでしょう。

スマ

一見するとカツオですが、胸鰭の下に黒点があり、ヤイト(お灸をすえた跡)のように見えることから‟ヤイトガツオ”とも呼ばれます。カツオはこの時期には日本近海にはほとんどいなくなっていますが、スマはこれから冬にかけて脂がたっぷり乗り、美味しい季節になります。和歌山県では養殖も行われています。

スマのおすすめの食べ方

鮮度が良ければお刺身やタタキがおすすめですが、寄生虫がいることもあるので、生食の場合はよく確認して下さい。また、脂もしっかり乗っており、カツオより身も柔らかいので、揚げ物、煮物、焼物にしても美味しく頂けます。

トラフグ

フグの中で最も高級で「ふぐの王様」と称されるのがトラフグです。
トラフグの旬は、「秋の彼岸から春の彼岸まで」と言われていますが、特にこの寒い時期に美味しくなり、年末にかけて需要が高まります。また、産卵前の1~3月頃であれば白子も楽しめます。
ただし、フグは猛毒のテトロドトキシンを持っているため、調理は必ず免許を持っているプロにお願いしましょう。

トラフグのおすすめの食べ方

淡白な身質ではありますが、しっかりとした旨みと甘味を兼ね備えています。身・皮・ヒレ・白子などを楽しめることができ、刺身(てっさ)・鍋(てっちり)で美味しく召し上がれます。これから寒くなるにつれ、鍋料理はぴったりです。

ブリ

出世魚であることから、縁起の良い魚として、おせち料理など年末商材には欠かせない『ブリ』。
11月頃から富山県で獲れる『氷見寒ブリ』が有名ですが、今や養殖が盛んで、多くの地域でブランド化されています。
京都府伊根町  伊根ブリ      愛媛県宇和島市  宇和海の媛ぶり
三重県尾鷲市  尾鷲ブリ      大分県      かぼすブリ
香川県高松市  オリーブハマチ   長崎県      ひろびろいけすぶり
徳島県徳島市  すだちぶり     宮崎県串間市   黒瀬ぶり
それぞれこだわって育てられたブリなので、この時期に色々なブランドのブリを味わってみるのも良いでしょう。

ブリのおすすめの食べ方

冬の時期に獲れる天然ものや養殖ブリは、脂が乗っていることが多いので、まずは刺身で。
脂が乗っているので、さっぱり食べたい場合は、薄く切って、しゃぶしゃぶにすることで程良く脂も落ちて美味しくいただけます。
また、おせち料理はもちろん、お雑煮にブリを入れても美味しいので、ニンジンやしいたけ、餅など色々な食材と一緒に召し上がってみてください。

ホウボウ

とても艶やかな上、胸鰭と頭部がとても特徴的な魚で、釣りでもしない限り滅多にお目にかかれる魚ではありません。周年水揚げはありますが、地域により差はあるものの、春から初夏に産卵期を迎えるため、秋から冬にかけて身質がとても良くなり、まさに美味しい旬を迎えます。また、この時期は底引き網漁が解禁になる地域が多いため、水揚げも増えます。

ホウボウのおすすめの食べ方

カナガシラより随分大きくなりますので、大型で鮮度が良いものが入手できれば、お刺身がおすすめです。また、とてもいい出汁がでるので丸ごと煮付けしたり、アクアパッツァやブイヤベースにすれば、余す事無く食べらます。

ボラ

ボラと言えば、水面近くを泳ぎ回り、ジャンプする姿が印象的な魚です。海水から汽水域まで生息するため、沿岸地域から河川まで多く見られますが、夏場は汽水域にいることが多く、水質など影響から臭みが強いと言われ、敬遠されることが多いようです。
しかし、海水に生息するものは臭みもなく、秋~冬頃には産卵期を迎え、食欲が旺盛になるため脂が乗り「寒ボラ」と呼ばれて、とても美味しくなります。
また、成長するにつれて名前が変わる出世魚であり、成長する順に「オボコ→スバシリ→イナ→ボラ→トド」の順で呼ばれています。

ボラのおすすめの食べ方

淡白で、程良い歯応えがあり、甘味もあります。鮮度が良いものは刺身でもいただけます。冬は適度に脂が乗りますが、そうは言ってもサバやブリのような青魚ほどではありませんので、煮物や焼物にされる場合は濃いめの味付けが良いでしょう。

マサバ

マサバは回遊魚で、一年中どこかで水揚げがありますので、旬を感じにくい地域もあるかもしれません。旬の時期は産地でやや異なり、秋から脂が乗り始め、八戸、福井、三陸沖や銚子と南下していき、2月頃には福岡や長崎で水揚げが増えます。ですので、この時期は、脂がしっかり乗るシーズンとなります。また、大型サイズも増えてくるので、肉厚で美味しいサバがお召し上がり頂けます。ブランド化もされているので、ぜひ召し上がってみてください。
大分県佐賀関  関サバ
神奈川県三浦  松輪サバ
宮城県石巻   金華サバ

マサバのおすすめの食べ方

サバは、アニサキスがいることがあるので、鮮度が良くても生食は控えたほうがよいでしょう(どうしても食べたい場合は-20℃以下で24時間以上冷凍)。
脂がしっかりのってくるので、焼き物、煮物などで楽しめます。

マダラ

スーパーには解凍された切身が1年中並んでいるので、季節感がやや薄れていますが、「魚編に雪」と書いてタラ!まさにこれからが旬の魚です。産卵期を迎える冬に比較的浅瀬に寄るため、寒い間は水揚げが増えます。
また、マダラには100g中に0.2gしか脂肪分が含まれておらず、魚の中でもとりわけ少ない上に、値段もお手頃なのも魅力です。生鮮であればグルタミン酸などのアミノ酸が豊富に含まれているため、とても美味しい魚のひとつです。

マダラのおすすめの食べ方

癖のない白身は、何にしても美味しく頂けます。タラと言うと鍋にしてしまいがちかも知れませんが、ムニエルやフライなどにも最適です。また、この時期は、産卵期にあたるため、白子や真子も美味しく頂けます。白子は茹でてポン酢和えや天ぷら、真子は煮付けなどにすれば美味しく頂けます。新鮮な状態で入手できても、アニサキスなどの寄生虫がいる場合がありますので、生食は避けた方が良いでしょう。

マトウダイ

平ぺったくて、頭でっかちで、体の真ん中に大きな黒点が特徴です。底引き網漁の時期くらいしか見ることはできませんが、春の産卵期前に身質がもっとも良くなります。味の評価は高く、比較的安価なのですが、出回りはほとんどなく、スーパーでみることはまずないでしょう。

マトウダイのおすすめの食べ方

身がとにかく薄く、頭も大きいので歩留まりは悪いですが、鮮度が良いものが入手できれば、お刺身がおすすめです。ねっとりした身に、ほのかな甘さがあります。

ムシガレイ

標準和名で呼ばれることは少なく、‟ミズガレイ”とか‟ミズクサガレイ”と呼ばれていることの方が多いようです。カレイというと春から夏のイメージが強いのですが、地域差があるものの、年明けから初夏にかけて産卵期を迎えるため、秋から冬にかけて身質が最も良くなるとされています。また、この時期は底引き網漁が解禁になる地域が多いため、水揚げも増えます。

ムシガレイのおすすめの食べ方

鮮度がバリバリであっても、水分が非常に多いので正直お刺身には向きません。この時期は肉厚なので、煮付けが最も良いでしょう。焼物や揚げ物などにする際は、水分を抜く作業が必要です。

 

ガザミ(ワタリガニ)

ワタリガニはオスとメスで旬が違うと言われています。
ガザミの産卵期は初夏から秋にかけてで、外子を抱えたオスが多くなり、メスは食べるところがありません。ただし、オスはそういうことはないので、水揚げの多い夏を旬としているようです。逆にメスは冬に向けて内子が充実するため、この時期を旬としており、まさにこれからとなります。

ガザミ(ワタリガニ)のおすすめの食べ方

内子を楽しむためには、茹でガニか蒸しガニですが、内子が流れ出ることが少ない蒸しの方がおすすめです。甘味たっぷりの内子を存分に味わって下さい。

ズワイガニ

11月になると山陰や北陸でズワイガニ漁が解禁され、本格的なシーズンを迎えます。産卵のため比較的浅いところに寄ってくるため、この時期が漁期となります。
産地では、ブランド化が進んでおり、
石川県    オス:加能ガニ(カノウガニ)、メス:香箱蟹(コウバコガニ)
福井県    オス:越前ガニ(エチゼンガニ)
山陰     オス:松葉ガニ(マツバガニ)
京都府間人  オス:間人ガニ(タイザガニ)
などがあります。
特にオスが高値で取引されており、メスはオスに比べて一回り小型であることなどから、比較的安値で取引されます。
スーパーで売られているのは冷凍の輸入物ばかりですが、この時期は甘味に強い国産のズワイガニを味わってほしいものです。
ただし、稀に身入りが極端に悪いものもありますので、購入される場合は一度持ってみるなりして確認して下さい(そういう意味では通販は少し恐いです)。

ズワイガニのおすすめの食べ方

この時期はカニ本来の旨味を味わってほしいので、茹でガニ、焼きガニがおすすめです。身にカニミソを和えて食べると芳醇な香りが口の中いっぱいに広がります。
また、メスは外子を持っていますので、ボイルするとプチプチした独特の食感が楽しめます。家庭では調理が難しいですが、鮮度が良ければ、お刺身、しゃぶしゃぶもおすすめです。

タラバガニ

タラバガニの旬は諸説ありますが、1年のうち2回美味しい時期があると言われています。1度目は流氷が去って身の甘みが増す4月から5月で、2度目は脱皮を終えて身がぎゅっと詰まる11月から2月にかけてで、丁度これからです。産地は「オホーツク海」で、日本で水揚げされるのは「北海道」のみということになります。スーパーで売られているのは冷凍の輸入物ばかりですが、この時期は国産のタラバガニを味わってほしいものです。
ただし、稀に身入りが極端に悪いものもありますので、購入される場合は一度持ってみるなりして確認して下さい(そういう意味では通販は少し恐いです)。
また、よく似たものにアブラガニがいます。見た目はそっくりですが、味が相当落ちますので、ご注意下さい。

タラバガニのおすすめの食べ方

タラバガニの脚は、大きなものだと太く食べ応えがあります。おすすめは素直に、茹でガニ、焼きガニです。
ただし、タラバガニの仲間はズワイガニなどと異なり、カニミソは加熱すると流れ出てしまうので、一緒に味わうことはできませんので、ご注意を!
実をいうと、タラバガニは見た目がカニなので、名前にカニがついていますが、ヤドカリに近い種です。

クルマエビ

クルマエビの旬は夏と言われていますが、それは天然物のお話です。温かい水温を好むので、冬はおかしいだろうと思われるでしょうが、お節やお歳暮などの需要があるため、1年で最も需要が高まり、流通が激増するるのが12月です。旬とは言い難いところはありますが、最もお目にかかりやすい時期であることには間違いありません。ただ、天然物はさすがにこの時期は水揚げが少ないので、ほとんどは養殖になります。
養殖の生産が多いのは、沖縄県、鹿児島県、熊本県、山口県などで、各地では特色を出そうと多種多様な生育方法を進めていますので、品質ムラがありません。また、活きた状態で流通するのも最大のメリットです。

クルマエビのおすすめの食べ方

甘味が強く、シンプルな料理で美味しくいただけるので、素材の味が楽しめる刺身や茹でで食べるのがオススメです。
定番料理の天ぷらは、プリップリ食感が楽しめ、天つゆにつけても、塩のみでも、また天丼にしても美味しいです。

サクラエビ

名前からすると、春のイメージですが、サクラエビは春と秋の2回漁期があります。春漁は3月中旬から6月初旬、そして秋漁は10月下旬から12月下旬で、まさにこれから旬を迎えます。それ以外の時期は桜えび保護のために休漁となります。桜えびは駿河湾のほかに、東京湾や相模灘にも生息していますが、 漁業の営業許可を静岡県だけが認めているので、国内の水揚げは100%駿河湾となります。台湾からの輸入もありますが、この時期は国産を味わいたいものです。

サクラエビのおすすめの食べ方

干しえびとして流通することが多いので、和え物やふりかけ的な要素が高いのですが、生鮮での入手が出来たらぜひ試していただきたいのが刺身です。殻は柔らかいので、そのまま食べることができ、サクサクした歯ごたえと、ふんわりした甘味を味わえます。また、忘れてはならないのがかき揚げです。元々香りのよいエビですので、加熱することにより一層風味が増します。ぜひこの時期にお試し下さい。

コウイカ

春先から夏のイメージのある地域も多いかもしれませんが、これは産卵のため浅瀬に寄ってくる時期であり、水揚げが増えますが、残念ながら身は薄く、旨味には欠けます。
水揚げはそう多くないものの、これから春先にかけて水揚げされるコウイカは身が厚く、一番美味しい時期と言えます。
コウイカの仲間には、カミナリイカ、シリヤケイカなどがおり、一見して区別できないため、まとめてコウイカとして流通していることもあります。

コウイカのおすすめの食べ方

薄皮などの処理が少し大変ですが、鮮度が良ければ何と言ってもお刺身です。もちもちした食感と、甘味の強い身はコウイカの特徴ですので、この時期に味わうべきものです。また加熱しても、固くなりにくいので、天ぷらや焼物などにしても良いでしょう。

ソデイカ

食用となるイカの中では最大級で、大きなものは1mを超えます。産地でもなければ姿のまま見ることはないでしょう。
水揚げの半分以上は沖縄県で、漁期は7~10月ですが、山陰では秋から冬にかけてが漁期となります。

ソデイカのおすすめの食べ方

お刺身といいたいところですが、残念ながら大味で旨味にかけます。旨味が足りないということは、味付け次第でどうにでもなるということなので、炒めものや揚げ物などに向きます。加熱しすぎるとやや硬くなるので、火が入りやすい大きさにカットして下さい。

マダコ

マダコの産卵期は、地域によって違いますが、概ね春から秋にかけてで、海域にもよるが暑い夏にピークとなるようです。
旬の時期も産地によって違い、瀬戸内海など西日本では産卵期に入る夏頃のものを重宝し、水揚げが増えます。一方、三陸などでは11~12月を漁期としています。

マダコのおすすめの食べ方

一般的には生ダコのお刺身か、茹でダコですが、今回のおすすめはアヒージョです。オリーブオイルで煮揚げるように加熱すると、噛み応えのあるタコの食感をダイレクトで味わえます。他の魚介類と合わせると、一層旨味も増します。固いのが苦手な方は、やわらか煮などが良いでしょう。

アカガイ

2枚貝と言うと夏に産卵期を迎えるため、春先だけのイメ-ジが強いですが、これから春先に向けて旬を迎えます。アカガイはその中のひとつです。アカガイは、人と同じようにヘモグロビンを含んだ血を持っているため、貝を開けると赤い血が流れ、身も赤みがあり、それが名前の由来にもなっています。昔は沢山取れて身近な食材だったそうですが、今では高級鮨ネタになってしまいましたので、お目にかかる機会も少なくなりました。また市場に出回っているものは、既にむき身に加工されている代用品や輸入品であったりしますので、機会があれば味わってほしい食材です。

アカガイのおすすめの食べ方

安いものではないので、必ず活きているものを入手しましょう。そのうえで、やっぱりお刺身です。アカガイ独特の甘みとコリコリとした食感を楽しみましょう。貝紐や肝は、わずかしかとれませんが、焼物にしても美味しいです。

ウバガイ

ウバガイというよりホッキガイと言った方が馴染みがあるでしょう。地域により多少ズレますが、春から夏に産卵期となるため、冬から春先までが旬と言われています。スーパーなどで見かけるものは、カナダ産でボイルしてむき身に加工したものばかりですので、国産にお目にかかることはまずないでしょう。なので、この時期見かけたらぜひ一度食べて頂きたいもののひとつです。

ウバガイのおすすめの食べ方

安いものではないので、必ず活きているものを入手しましょう。スーパーなどに並んでいるものは、ボイルしたものが多いため斧足の先が赤くなっていますが、本来はやや黒っぽい色をしています。ボイルすると見た目は良いのですが、やや硬くなってしまいますので、できれば加熱せずにお刺身で召し上がって頂きたいものです。ただ、しゃぶしゃぶ程度に軽く加熱すると旨味が増すと言う話も聞きます。

エゾアワビ

エゾアワビは韓国などでも養殖されており、周年出荷されていますので、旬を感じにくい魚介類のひとつです。
また、アワビ類は一般に夏が旬とされており、この時期に出回りが一気に増えますが、エゾアワビに関しては11月からが最盛期に入ります。産卵期は8~10月なので、その後に身質が向上するようです。

エゾアワビのおすすめの食べ方

夏であれば、刺身、水貝と言いたいところですが、やや肌寒いこの季節のおすすめは煮アワビです。生とは違い、柔らかくて食べやすい上、アワビは加熱すると柔らかくなるのも特徴です。

エゾバイ

アクキガイ目の仲間は総じて、バイガイとかツブガイで呼ばれており、標準和名で呼ばれることはまずありません。食用として流通しているものは10数種あると言われていますが、細かく区別されて流通している様子もありません。加えて、この仲間は周年水揚げがあるため、旬という感覚があまりないのですが、エゾバイに関しては秋から冬に身質がぐっと良くなると言われています。

エゾバイのおすすめの食べ方

小さな貝なので、お刺身にすると食べるところがほとんどなくなってしまいます。
ごくごく一般的なのは、醤油などで甘辛く煮た煮物ですが、これが柔らかくても一番美味しいとされています。オーソドックスですが、下手な味付けをする必要はない、旨味の多い貝です。

サルボウガイ

これがないと年が越せないという地域もありますが、全国的にみると超マイナーな貝です。見た目はアカガイにそっくりで、山陰ではアカガイと呼んでいるところもあり、少しややこしいです。ただし、アカガイほど大きくはなりません。ちょっと前までは、缶詰などに加工され、アカガイとして流通していました。産地以外に生鮮で出回る量は少ないので、生鮮でお目にかかる機会はほとんどなく、大半がボイルされたむき身です。岡山県の寄島海域では栽培もおこなわれているようです。

サルボウガイのおすすめの食べ方

鮮度が良ければアカガイと同じく刺身にできますが、かなり小さいので手間がかかります。産地では、佃煮などの煮物などにしています。また岡山県ではばらすしの重要な具材のひとつです。

マガキ

広島県は養殖マガキの一大産地で、官民挙げてブランド化が進められてきたこともあり、全国の水揚げの60%を占めるとされています。10月頃から出荷が始まりますが、これから寒くなるにつれて益々身入りが良くなり、ピークを迎えます。また、この時期から生食用の牡蠣の出荷も始まります。

マガキのおすすめの食べ方

もう少し寒くなると鍋なのでしょうが、11月ではまだ少し早いかもです。カキフライなどもありますが、ここでお薦めはアヒージョです。他の旬の食材ともあわせれば、旨さ倍増ですので、一度お試しください。

ノリ(スサビノリ)

ノリは、6~8月に植えられたものが、11月頃から刈り取りが始まり、2月頃まで続きます。12月は刈り取りの最盛期をむかえ、まさに旬と言えるでしょう。ノリは乾燥され保存されるため、年中流通していますが、新海苔は刈り取り直後のものは香りが良く、柔らかいので、ぜひ出来たてを食べてほしいものです。

ノリのおすすめの食べ方

余計なことはせず、醤油とごはん!これにつきます!

マナマコ

国内で流通しているものは、アカナマコ、アオナマコ、クロナマコに選別されていますが、どれもマナマコで同じ種類です。生息場所や食べ物で、色が変わると言われてはいますが、詳しいことはわかっていません。このうちアカナマコは、身質が良いとされ3種の中では高値で取引されています。
ナマコは、海水温が低くなると活発に動き出すため、冬頃に漁獲量が増えます。特に12~2月頃は身が締り美味しい旬の時期を迎え、年末から年始にかけて需要が高まります。水温が高い夏には‟冬眠”ならぬ‟夏眠”をするため、海底に潜り込み身を隠すこともあり、近年の水温上昇によって漁獲量の減少や漁獲時期のズレが生じています。

マナマコのおすすめの食べ方

見た目にかなり抵抗があるナマコですが、コリコリとした食感を楽しめ、定番のナマコ酢で美味しくいただけます。他にも、甘辛煮なども美味しいですが、火を通し過ぎると硬くなるので注意が必要です。ナマコの内臓を塩漬けにした「このわた」は、ウニとカラスミと並び、日本の三大珍味と呼ばれています。また、卵巣を干したクチコも高級珍味です。