9月旬のお魚「タチウオ」

主に西日本で人気の高い魚「タチウオ」。夏から秋にかけて旬を迎えます。ここ瀬戸内海では、産卵のため浅瀬によってくる秋頃にたくさん漁獲されるため、9~10月頃が旬となります。

タチウオとは?

頭を上にして背びれを波立たせて立ち泳ぎすることから「タチウオ」と名付けられ、その姿は大変美しいものです。
また、刀のように長く、銀色に輝くのが魅力的なお魚であることから漢字で「太刀魚」となりました。
銀色に輝く体表は、人が手で触れただけで剥がれ落ちるグアニン質の層でできており、これを集めて「タチハク」というものを作り、マニュキュアに入れるラメの原料としても使われていたとか。

分類

分類     スズキ目タチウオ科タチウオ属
標準和名   タチウオ
流通名    タチウオ
ハモの仲間  オキナワオオタチ、テンジクタチ

特徴

分布域

北海道~九州南部の日本海・東シナ海・太平洋、瀬戸内海、東シナ海大陸棚、渤海、黄海に分布します。

生態

沿岸部の表層~水深400m前後の海底に群れを作って生活しています。夜は深場にいて、日中は浅場に移動します。特に朝夕は、水面に近くまで浮上します。頭を上に体を垂直にして、背びれを波立たせて泳ぎます。魚食性の傾向が強く、カタクチイワシなどの小魚を捕食しています。海域によっては、共食い現象もよく見られます。

漁期

瀬戸内海における漁期になります。産卵期に浅場によってくるため、9月頃から漁獲量が増えます。

漁獲方法

瀬戸内海では、主に底曳網や定置網、延縄(釣り)、巻網などで漁獲されています。
釣り物と網物があり、釣り物の方が、皮に傷つかずきれいな状態で水揚げされるため、高値で取り扱われています。

おすすめの食べ方

新鮮なものはお刺身に!こりこりっとした触感が楽しめます。また、白身魚のわりに身に脂が乗っていおり、ふわふわとした柔らかく、クセがなく食べやすいお魚です。火を通すと旨味がアップするので、塩焼きやムニエルなどのシンプルな料理でも十分美味しくいただけます。
タチウオは、皮がとても剥がれ落ちやすく、身も柔らかいので、捌くのに少しコツはいりますが、1尾でいろんな料理が楽しめるので、1尾から捌いて色々な料理を作ってみてはいかがでしょうか。


  • タチウオ刺身

    ▼材料(2人前)
    ・タチウオ   2枚    〈添え物はお好みで〉
    ・大根のケン  適量     ・わさび
    ・大葉     適量     ・紅たで
    ・刺身醤油   適量     ・すだち
    ▼作り方
    ①タチウオは三枚に下ろします。
    ※詳しくは、YouTube動画をご覧ください。
    ②薄切りや細切りにします。
    ③お皿に盛りつけます。


  • タチウオの塩焼き

    ▼材料(2人前)
    ・タチウオ   2切れ
    ・塩      適量
    ・添え物はお好みで

    ▼作り方
    ①タチウオの切身に塩を振ります。
    ※1尾から切身にする方法はYouTube動画をご覧ください。
    ②グリルまたは、フライパンで両面を焼きます。
    ③火が通り、焼き色がついたら完成です。
    ④お皿に盛りつけます。


  • タチウオのムニエル

    ▼材料(2人前)
    ・タチウオ    4枚
    ・塩こしょう   少々
    ・小麦粉     適量
    ・バター     20g
    ・じゃがいも   1個
    ・黄、赤パプリカ 各1個
    ・ピーマン    1個
    ・パセリ     適量
    〈トマトソース〉
    ・ミニトマト    5個
    ・タマネギ     1/4個
    ・トマトピューレ  大さじ2
    ・バター      10g
    ▼作り方
    ①タチウオは三枚に下ろします。
    ※詳しくは、YouTube動画をご覧ください。
    ②タチウオの身に塩コショウをふり、小麦粉をまぶします。
    ③フライパンに油をひき、タチウオの皮面から焼いていきます。
    POINT:身が縮みやすいので、フライ返しで抑えます。
    ④両面焼けたら、バターを加えて絡めます。
    お皿に取り出します。
    ⑤添え野菜を焼いていきます。
    フライパンに油をひき、スライスしたジャガイモ、
    細切りにした黄・赤パプリカ、ピーマンを焼き、
    塩コショウで味付けをします。
    お皿に取り出します。
    ⑥トマトソースを作っていきます。
    フライパンに油をひき、1/4等分したミニトマト、玉ねぎを入れ
    炒めます。トマトピューレを加えて炒めて、バターを加えます。
    ⑦お皿にタチウオと添え野菜を盛り付けて、トマトソースをかけて
    刻んだパセリを添えれば完成です。


  • タチウオの煮つけ

    ▼材料(2人前)
    ・タチウオ  4枚
    ・砂糖    大さじ3
    ・水     適量
    ・ほんだし  5g
    ・濃口醤油  大さじ3
    ・みりん   大さじ1
    ・添え物はお好みで
    ▼作り方
    ※1尾から切身にする方法はYouTube動画をご覧ください。
    ①フライパンに水(魚が半分浸かる程度)、砂糖、ほんだしを加えて火にかけます。
    ②フツフツとしてきたら、タチウオの切身を入れて、煮ていきます。
    ③ある程度火が通ったら、濃口醤油とみりんを加えて煮詰めていきます。
    ④お皿に盛り付けたら完成です。

栄養素

タチウオは、魚の中でもたんぱく質より脂質の方が多い魚です。(他にサンマやウナギが当てはまります。)

詳しくは、YouTubeにてご覧ください!