7月旬のお魚「マアナゴ」

マアナゴとは?

アナゴは、ウナギとよく似た細長い円筒形の体型ですが、ウナギは下あごが出ていますが、アナゴは上あごが出ていたり、またアナゴは海水にのみ生息しているなど違いがあります。また、アナゴの種類は非常に多く、生息域も砂泥底、岩礁付近、浅瀬、深海と種類によって様々です。ここで紹介するアナゴは、お寿司屋さんなどで使用されるマアナゴで、浅い海の砂泥底に生息しています。

分類

分類     ウナギ目アナゴ科クロアナゴ属
標準和名   マアナゴ

特徴

基本情報

◆産 地
マアナゴだけの漁獲量は不明ですが、アナゴ類で最も多いのが長崎県、島根県、宮城県、愛知県と続きます。著名な産地は、東京湾、有明海、瀬戸内海など内湾に面した県が多いようです。

◆生 態
海水魚であり、一生を海で過ごします。水深が比較的浅い内湾の砂泥地や岩の隙間を好んで生息しており、夜行性なので、昼間は砂泥状の海底で器用に穴を掘ってもぐったり、岩穴に潜んでいますが、夜になると巣穴から抜け出し、海底を這うように活発に餌を探して捕食します。

◆漁 期
通年漁獲されますが、旬とされるのは初夏から夏頃になります。

青色=産卵期  黄色=漁獲時期  赤色=最盛期

◆漁 法
筒漁、底曳網、延縄

目利きのポイント

活け物が良いが、活け物でなければ活〆されているものを選びましょう。体表にぬめりがあり、体色が濃く、白点がくっきりとしているものほど新鮮です。また、40cm程のものが最も美味しいとされています。
開きの場合は、身が白く透明感があり、肉厚のものが良いでしょう。

おすすめの食べ方

アナゴは、白身魚でウナギと比べると、脂が少なくややあっさりしています。天ぷらや寿司ネタとしては欠かせないもののひとつですが、家庭で食べられる場合は、蒲焼やアナゴ飯などがよいでしょう。また、あっさりしたものが良い場合は白焼きがお勧めです。

アナゴの蒲焼

  • ▼材料(2人前)
    ・アナゴ      ・・・  2枚
    ・蒲焼のたれ    ・・・  大さじ1
    ・シシトウ     ・・・  4個
    ・ナス       ・・・  1個

▼作り方
①ナスは斜め切りに、アナゴは、大きさによって適当な幅に切ります。
②野菜とアナゴをグリル(またはフライパン)で焼き、蒲焼のタレと合わせて、お皿に盛り付けます。

アナゴ天

  • ▼材料(2人前)
    ・アナゴ     ・・・  2枚
    ・天ぷら粉    ・・・  40g
    ・水       ・・・  50ml
    ・塩       ・・・  適量
    ・小麦粉     ・・・  適量
    ・揚げ油     ・・・  適量

  • ・ししとう    ・・・  4個
    ・大葉      ・・・  2枚
    ・ナス      ・・・  1個
    ・大根おろし   ・・・  30g
    ・レモン     ・・・  適量
    ・みょうが    ・・・  2個

▼作り方
①輪切りにしたナス、シシトウ、みょうが、大葉を軽く小麦粉をまぶします。
②水で溶いた天ぷら粉に①の野菜を入れ、170~180℃に熱した油で揚げます。
③アナゴは半分に切り、塩を振ります。
④野菜と同様、小麦粉をまぶし、170~180℃に熱した油で揚げます。
⑤お皿に盛り付けて完成です。

栄養素

アナゴは、たんぱく質*1を多く含みます。また、ウナギと比較してみると、低エネルギー低脂質*2であることがわかります。(ウナギのエネルギー228kcal、脂質19.3g)また、ビタミン*3やミネラル*4に関してもアナゴの方が多く含まれます。

▼〈魚類〉あなご 生 100g当たりの栄養素

※バランスの良い食事を心がけましょう。
*1たんぱく質とは、三大栄養素のひとつであり、血液や筋肉などの体をつくる主要な成分であるとともに、酵素などの生命維持に欠かせない多くの成分になります。エネルギー源として使われることもあります。また、たんぱく質は、アミノ酸で構成されており、体内で合成できるもの(非必須アミノ酸)・合成できないもの(必須アミノ酸)があり、後者は食事から摂取する必要があると言えます。
*2脂質とは、三大栄養素のひとつであり、1グラムあたり9キロカロリーと、三大栄養素の中でも最も高いエネルギーを得ることができます。重要なエネルギー源だけでなく、ホルモンや細胞膜、核膜を構成したりする働きがあります。
※3ビタミンとは、体内で十分に合成することができないため、食事から摂取する必要がある必須栄養素です。水に溶ける水溶性ビタミン(ビタミンB1、B2、ナイアシン、パントテン酸、ビタミンB6、ビタミンB12、葉酸、ビオチン、ビタミンC)と、油脂に溶ける脂溶性ビタミン(ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンK)があります。
*4ミネラルとは、人間の臓器や細胞の活動をサポートしたり歯や骨のもとになったりといったとても重要な働きがあります。
*5エネルギーは、生きて体を動かす大切な活動源です。