毎年5月の第2土曜日は何の日か知っていますか?

毎年5月の第2土曜日は何の日か知っていますか? 正解は… 世界フェアトレード・デー!今年は5月8日でした。WFTO(世界フェアトレード連盟:World Fair Trade Organization)に加盟する世界76ヵ国、約400団体のフェアトレード組織と生産者組織を中心に、フェアトレードをアピールするためのイベントやキャンペーンが各国で開催されます。日本ではこの1日と限定せず、5月を「フェアトレード月間」としてフェアトレードを盛り上げてきました。
フェアトレードを直訳すると「公平・公正な貿易」。つまり、開発途上国で作られた原料や商品を適正な価格で継続的に購入することにより、生産者や労働者の生活改善と自立を目指す「貿易のしくみ」をいいます。なぜ、フェアトレードが必要だと思いますか?私たちはコーヒーやお茶やバナナ、服などを買うとき、いかに安い価格かどうかを優先し過ぎていないでしょうか。安い価格の裏側には、正当な対価が生産者に支払われていなかったり、ものが作られる過程において大量の農薬使用などで生産者の健康や地球環境に害を及ぼすことがあったり、生産者がどんなに仕事をしても貧困から抜け出せずに弱い立場に追い込まれている場合もあります。
たとえば、サッカーボールを例にあげたいと思います。世界のサッカーボールの70%以上がパキスタンで生産され、その一つ一つが手縫いで作られています。労働賃金が安く、児童労働が多く関わっていることが1990年代から明らかになってきました。子ども達が学校にも行けず、一日中ずっとボールを作り続けていたのです。こうした労働環境の改善や児童労働をなくすための働きかけの一つとして、フェアトレードサッカーボールへの取り組みが生まれました。普通のサッカーボールより少し高い価格になりますが、ボール価格の10%ほどの金額が生産者側の労働組合などに支払われ、生産地域の教育や福祉の向上にあてられています。
今、さまざまなフェアトレード商品があります。どんなものがあるか、ぜひ調べてみてください。そして、世界フェアトレード・デーの翌日(5月の第2日曜日)は母の日です。5月の第二土日は大事な日が連日続いていますね。母の日のプレゼントに素敵なフェアトレード商品を添えてみるのも一案です。

一般社団法人エシカル協会 竹地由佳